高隈かぎ引き祭り

   「かぎ引き祭り」は上、下両高隈地区の青壮年たちによって、二股の雌木とかぎまたの雄木をからみ合わせて引き合う神事で五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願う伝統行事です。300年以上も前からの長い歴史を持つこの綱引きならぬ「かぎ引き神事」は負けると豊年の夢も破れるとあって、老いも若きも元気いっぱい、汗だくになって熱戦を繰り広げられます。もとは旧暦2月の初卯の日に行われたが、現在は毎年2月の第3日曜日に行われます。